治療によって死は避けられる

注射器とアンプル

みなさんの中にも犬などのペットを飼っている方は少なくないと思います。
犬はとても賢い動物だからしつけなども簡単です。
さらに一緒に過ごしているだけで私たち人間が癒されたり、自然と家庭内がどこか温かみを持つようになり家族の会話が多くなったりして自然と家の中が明るくなるということもあるので、ペットとしてはとても人気があります。
しかし、私たちが忘れてはいけないのは犬も生き物だということなのです。
犬だって何であっても生きている以上、必ずいつかは死が訪れます。
その中には人間と同じように癌になって苦しみながら死んでゆくというケースもあるのです。
しかもイヌがガンにかかる確率は人間のおよそ2倍にもなるのです。
しかし癌になったからといって諦めてはいけません。
人間もそうですが、ちゃんとした療法で癌を治療してあげれば死を避けられることもあります。
大切なのは癌になってもそれだけで諦めて死を待つのではなくしっかりとした療法で癌を治療してあげることなのです。
今回はそのような犬が癌になったときの療法などについて書き込んでいきたいと思います。
まず犬のガンの原因となるものにはいくつかあります。
老化、紫外線、放射線、ホルモン、遺伝などです。
特に老化に関しては近年イヌの寿命が延びたことにより、それが原因でガンが発症する割合が大きく増えました。
また遺伝に関しては種類によってガンのなりやすさがかなり違ってくるのです。
がんの種類も乳がんや白血病、骨肉腫など人間と同じようにたくさんあり20種類以上のガンがあります。
昔はそれらのガンの治療はできませんでしたが、現代では早めに発見して治療を行えば生き延びる確率も増えました。
ガンの療法には何種類かあり手術をする場合もあれば薬物療法や化学療法の抗がん剤の治療、放射線治療に免疫療法やさらにはマッサージ、ハーブなど化学的な力に頼らない代替療法まであります。
このように犬のがん治療は決して不可能ではないので、もしあなたの愛犬ががんになったとしても諦めずに希望を持ってください。

オススメリンク

大切な愛犬が癌になってしまったならこちらのサイトをしっかりチェックしよう!:犬の癌治療お役立ちサイト

芝の上でこちらを見る犬

原因と治療方法

最近では、ペットとして犬を飼っている人は多くいます。犬と一緒に遊んでいるだけでも癒される効果があり、日々の生活…Read more

関連リンク

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031